リファクリアは他の洗顔方法とどう違うの?どこが効果的なの?

雑誌で紹介されていた高級なクレンジングや、口コミで評判の洗顔料を使っているのに、いっこうに毛穴の黒ずみがキレイにならない・・・いっこうに毛穴の開きが治らない・・・なぜ?
それは手洗顔だからです。手洗顔では肌表面の汚れしか落とすことはできません。

 

昨今では、化粧品の技術の進化とともに、ファンデーションの粒子がとても細かくなっています。
毛穴そのものを隠すカバー力のあるファンデーションは、毛穴の奥底まで粒子が入ってしまい、汚れを落とすことがなかなかできなくなっているのが現状なんです。

 

だったら、良く洗ってすすげば良いんじゃない?とばかりに一時期、とにかく良くすすぐ洗顔法が流行りましたが、洗い過ぎると肌の持つ保湿成分(セラミドなど)も一緒に洗い流してしまうのです。

 

保湿成分が流されてしまえば、肌は水分が低下して、角質が厚くなり、カサカサになっていきます。

 

角質が厚くなれば、毛穴は出口がふさがれ、メイクの汚れ残りなどが詰まっていきます。さらに皮脂や角栓などが詰まり、細菌や微生物などが発生してしまうというわけです。

 

特に40代以降は、保湿成分を流し過ぎないためにも朝晩2回の洗顔のみにすべき。その2回でいかに効率よく肌の汚れを落とすか?ということが肌の美しさを保つ重要なキーポイントになってきます。

 

大切なのは毛穴の周りの角質を厚くならないようにして、常に皮脂が詰まらないようにしてあげること。

 

それにはリファクリアの洗顔ブラシがもっとも効率的です。
リファクリアの洗顔ブラシはテーパー形状と言って、毛先が0.01oの極細になっています。
毛先を極細にすることにより、顔の起伏や毛穴に入り込んで汚れを落とすことができるという効果があります。
リファクリアの洗顔なら1分で自動的に電源オフになりますのでお肌へ負担をかけるということもありません。

 

毛穴の黒ずみが気になって、毛穴パックを使ったり、強い力で洗ったりしていませんか?
それはかえってお肌の負担になっているだけですよ。

 

化粧品の技術が進化しているのに、なぜ洗顔方法は進化していないのですか?
あなたの洗顔方法は化粧品の進化に追いついていないかもしれませんよ。

 

しっかり汚れを落とし、さらにお肌にも優しいリファクリア。ぜひチェックしてみてくださいね。